帰ってきました 

昨日、正確には今朝帰ってきました。
息子が土曜日、日曜日とイベントの観覧に出かけるため、一緒に実家に帰ったまではよかったですが、土曜日のあの大雪で、イベントに出かけた息子は夜に帰ってくるのに、あっちの電車、こっちの電車と次々止まり、私はHPをチャックしながら帰ってくる方法をメールしたりして、最後は11時過ぎに駅までお迎えに行きましたよ。
歩くと20分ちょっとはあるんですけど、数回来ただけの、しかも車でお迎えでしたから、道もわからないでしょうしね。

その日はそんなで、結局お風呂に入ったりしたら2時近く。
思わずオリンピック中継の真央ちゃんを見てしまったわ。
絶対にそんな時間見られるわけ無いと思ってたのに・・。

そして、昨日。
ANAの最終便を予約していたのだけど、これがまた機材繰りで一時間半くらい空港で待たされて。
帰るJR無いんじゃないって思ってたら、バスは用意してくれていたけど、全員が乗れるかどうかわからないと言われ。
旦那にお迎えを頼んで、とりあえず無事に到着しました。

昨日もフィギア団体の鈴木明子さんの演技をライブで見れちゃいました。
結果はちょっと残念でしたけどね。

いや~ほんと疲れました。
息子は今日も学校に行きましたけど、私は仕事のお休みを取っておいてよかった。
そうじゃなかったらダウンしてました、きっと。

そんな中疲れたお出かけの中で唯一の私のお楽しみがGera!さんのクロスステッチ展。
たまたま出かける日程に合っていて、これは行くしかないと、最終日の夕方空港に向かう途中にお邪魔してきました。

こんなにいろいろなステッチ作品を見るのが久しぶりだったので、とっても楽しく見させていただき、Gera!さんともいっぱいお話させていただいちゃいました。
最近直接ステッチのお話を出来る機会がぜんぜん無かったので、ちょっとおしゃべりしすぎちゃったかもしれないです。
最終日でお疲れのところ申し訳なかったかしら・・。

こちらがゲットしてきたチャート。
2014_02100002.jpg

どの作品も可愛く仕立ててあって、やっぱりこうやって仕立てるとかわいさ倍増だよな~って思うんだけど、なかなかそこまで出来ないんですよねぇ。
でも、とりあえず買ってきたチャート刺し始めようと準備始めました。
真ん中のチャートです。
子供たちをいっぱい並べる予定。


[2014/02/10 10:39] 日記 | トラックバック(-) | CM(3)

青い池 

土曜日に美瑛に行ってきました。
目的は「青い池」
最近有名なようで、駐車場にも車がいっぱい止まってましたし、観光バスも来てました。

2013_09280001a.jpg

角度によって水の色が違って見えます。

2013_09280009a.jpg

最初の方は乳白色の入浴剤を入れたみたいな色をしてました。
二枚目は逆光もあり、池に木々の影が映りこんで、また別物な感じ。

そんなに大きい池でもないので、一度見れば満足って感じの場所ではありましたが、なかなか不思議な色の池でした。




[2013/10/01 10:12] 日記 | トラックバック(-) | CM(0)

塩の街&舟を編む 

塩の街は、図書館戦争を思わせるような登場人物たち。
こちらが有川さんのデビュー作ということを考えると、ここから有川さんワールドが始まってるんですね。
主人公の二人の関係、お互いの大切な人を守りたい。
守りたい気持ちが強すぎてギクシャクしてしまう・・なんて感じです。
塩の街だけではちょっと物足りない部分を、その後のストーリーで補っていて、なるほど納得。
自衛隊三部作の陸自編になるこのストーリー。
陸自的な活躍場面はあまりないですけど、主人公の頼りがいのあるところは、さすが自衛隊さんってところでしょうか。




舟を編むの方は、なるほど辞書ってこういう風に作られるんだぁって。
言葉って何気なく使っているけど、一つの言葉でもいくつも意味があるわけで、そいう言葉の用例を常に考えている仕事って、確かに向き不向きがありそうな仕事です。
言葉が決まっても、その文字数、配置。最後は紙の質感にまでこだわって作る辞書作り。
最後まで楽しく読むことが出来ました。

映画のキャストを後から見て、馬締さんはぴったりだと思ったんですけど、香具矢さんは宮崎あおいさんってイメージじゃなかったんですけど。
本の言葉遣いのせいかな。
外見の美しい女性っていうのはイメージどおりですけど、板前さんってどうなんだろ。
映画を見ていないので合ってるのかこれはこれでいいのか、ちょっとわかりませんけど、こちらも機会があればまたDVDでも見てみたいな。

[2013/07/02 10:30] 日記 | トラックバック(-) | CM(0)

県庁おもてなし課 

読み終わりました。
連続して有川さんの作品ばかり読んでいると、このキャラ○○みたい・・っていうような似た感じを受けることもあるけれど、そこは作曲家さんとかが似た曲になっているのと似たようなことでしかたないのかもしれないなと。

こちらも読みやすい作品で、読み始めたら、どんどん続きが気になるお話。
県庁では働いたことは無いし、関わったこともないけれど、なるほど、何かをしようと思うと大変な職場なんですね。
本の中でも書かれてますけど、主人公の掛水君がどんどんかっこよくなっていくところが書かれていて、掛水君成長記のようなお話です。

読み終わってすぐに映画の配役チェックしちゃいました。
映画を観に行く予定はないんだけど、どんな感じなのかやっぱり気になる。
掛水役は錦戸君で、多紀役は堀北真希ちゃんなんですね。
まあまあイメージどおりかな。
DVDが出たらレンタルでは見てみたいかも。




同じく有川さん原作の「空飛ぶ広報室」のドラマ、ご覧になってましたか?
続きを読む
[2013/06/26 14:25] 日記 | トラックバック(-) | CM(0)

読書生活 

怪我をしてから明日で一週間。
大分この不便な生活にも慣れてきました。
全然歩かないと太ってしまいそうなので、近くには歩いて買い物に行ったり、重いものなどはネットスーパーにお任せしてます。

料理は素材を切ったりするのは、片手だと難しいものですね。
卵焼きとか、焼いたりするだけなら、トングを使って出来るようになったので、息子のお弁当も冷凍食品が多めではあるけれど少しずつ再開。
と言っても以前から冷食多めは変わらなかったりして


ステッチも出来ないので、暇つぶしに息子に学校の図書館から本を借りてきてもらって、読書をしています。
有川浩さんが好きなので、「キケン」「塩の街」「県庁おもてなし課」を。
そしてこちらも好きな作家さんの三浦しをんさんの「舟を編む」を借りてもらいました。
今は「キケン」が読み終わり、「塩の街」の途中。

「キケン」最高に面白かったです。
有川さんの恋愛ものが好きだった私ですが、恋愛話でなくても有川さんの本は、キャラクターが生き生きしてて、知ってる人みたいな、その世界に入りたいような、そんな楽しさを覚えます。
楽しすぎて一日で一気に読んでしまい、ラストはちょっとうるってきそうになりました。
おすすめ本です。

[2013/06/19 11:14] 日記 | トラックバック(-) | CM(0)