県庁おもてなし課 

読み終わりました。
連続して有川さんの作品ばかり読んでいると、このキャラ○○みたい・・っていうような似た感じを受けることもあるけれど、そこは作曲家さんとかが似た曲になっているのと似たようなことでしかたないのかもしれないなと。

こちらも読みやすい作品で、読み始めたら、どんどん続きが気になるお話。
県庁では働いたことは無いし、関わったこともないけれど、なるほど、何かをしようと思うと大変な職場なんですね。
本の中でも書かれてますけど、主人公の掛水君がどんどんかっこよくなっていくところが書かれていて、掛水君成長記のようなお話です。

読み終わってすぐに映画の配役チェックしちゃいました。
映画を観に行く予定はないんだけど、どんな感じなのかやっぱり気になる。
掛水役は錦戸君で、多紀役は堀北真希ちゃんなんですね。
まあまあイメージどおりかな。
DVDが出たらレンタルでは見てみたいかも。




同じく有川さん原作の「空飛ぶ広報室」のドラマ、ご覧になってましたか?
続きを読む
[2013/06/26 14:25] 日記 | トラックバック(-) | CM(0)

読書生活 

怪我をしてから明日で一週間。
大分この不便な生活にも慣れてきました。
全然歩かないと太ってしまいそうなので、近くには歩いて買い物に行ったり、重いものなどはネットスーパーにお任せしてます。

料理は素材を切ったりするのは、片手だと難しいものですね。
卵焼きとか、焼いたりするだけなら、トングを使って出来るようになったので、息子のお弁当も冷凍食品が多めではあるけれど少しずつ再開。
と言っても以前から冷食多めは変わらなかったりして


ステッチも出来ないので、暇つぶしに息子に学校の図書館から本を借りてきてもらって、読書をしています。
有川浩さんが好きなので、「キケン」「塩の街」「県庁おもてなし課」を。
そしてこちらも好きな作家さんの三浦しをんさんの「舟を編む」を借りてもらいました。
今は「キケン」が読み終わり、「塩の街」の途中。

「キケン」最高に面白かったです。
有川さんの恋愛ものが好きだった私ですが、恋愛話でなくても有川さんの本は、キャラクターが生き生きしてて、知ってる人みたいな、その世界に入りたいような、そんな楽しさを覚えます。
楽しすぎて一日で一気に読んでしまい、ラストはちょっとうるってきそうになりました。
おすすめ本です。

[2013/06/19 11:14] 日記 | トラックバック(-) | CM(0)

不便な生活 

昨日のお仕事中に階段から足を踏み外して落ちてしまい、足は打撲だけだったんですが、右腕の手首にひびが入ってしまい、全治6週間の診断をいただいてしまいました。

家のことが出来ないのは不便だけど、この際だから息子にいろいろ手伝わせるいい機会だと思うことにして、何が一番辛いって言ったら、ステッチが出来ないこと。
せっかく仕事も休みになったのに、ステッチが出来ないとは。
ストレスたまりそうです。
どうせなら左手か、足がよかった・・・。 ガックリ。

出来ることも限られるので、ネットとかしまくりになったりしてね。
文字は左手だけでも案外サクサク打てるもんです。


[2013/06/14 11:40] 日記 | トラックバック(-) | CM(2)

"Ballon Glow" (10) 

ballon10.jpg

建物の後方に木々が増えました。
がんばってますけど、なかなかサクサクは進まないですね~

続きを読む
[2013/06/11 14:00] DIMENSIONS | トラックバック(-) | CM(0)