読書生活 

怪我をしてから明日で一週間。
大分この不便な生活にも慣れてきました。
全然歩かないと太ってしまいそうなので、近くには歩いて買い物に行ったり、重いものなどはネットスーパーにお任せしてます。

料理は素材を切ったりするのは、片手だと難しいものですね。
卵焼きとか、焼いたりするだけなら、トングを使って出来るようになったので、息子のお弁当も冷凍食品が多めではあるけれど少しずつ再開。
と言っても以前から冷食多めは変わらなかったりして


ステッチも出来ないので、暇つぶしに息子に学校の図書館から本を借りてきてもらって、読書をしています。
有川浩さんが好きなので、「キケン」「塩の街」「県庁おもてなし課」を。
そしてこちらも好きな作家さんの三浦しをんさんの「舟を編む」を借りてもらいました。
今は「キケン」が読み終わり、「塩の街」の途中。

「キケン」最高に面白かったです。
有川さんの恋愛ものが好きだった私ですが、恋愛話でなくても有川さんの本は、キャラクターが生き生きしてて、知ってる人みたいな、その世界に入りたいような、そんな楽しさを覚えます。
楽しすぎて一日で一気に読んでしまい、ラストはちょっとうるってきそうになりました。
おすすめ本です。

[2013/06/19 11:14] 日記 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する